忍者ブログ
AdminRes
<< 04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    06 >>
[1] [2] [3] [4] [5] [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

未曾有の被害で日本中がひっくりかえったようになってますが
(東日本だけなのだろうか?被災地以外でTVを見てる人たちも皆心配したり不安になったりしてるかと思います。)


そん中、色々考える。
自分にできること。


まずは、余計なことをしないこと。。
そして、確実な機関に即座に募金をすること。

それから、不安のエネルギーで満ちた空気が少しでも緩むといいなと思って『Music,give me a Silence』をフリーダウンロードしていただけるようにした。


【歌詞一部抜粋】

日常は嫌なニュースばかりが飛び交うけど
無責任に不安とか憂鬱を煽るけど

ああ、神様願わくば まずは
自分の中での、小さなWars
止んで欲しい そして裸の心で
優しいきもちを
優しい眠りを・・・

Music, wash me
please give me a silence


________________♪♪

ささやかだし、お金にもならないけど
被害にあってない人たちまでみんな落ち込んでいてはいけない。


そして、だいぶ落ち着いてきた今は、募金や節電をできる範囲でしながら
(自分が困難に陥るくらいなら、何もしないで自分の平和を確保した方が生産的だと思います。長い目で見て)自分たちにできる活動をするしかない。


でも、今の日本に、自分の歌はあんまり力になれないな、、というのが正直なところ最近思うところです。


もともと、みんなが慣れすぎて感じられない小さな幸せの在処とか、
近すぎて見失ってしまった大切な人との絆の結び方、
愛情の表現の仕方。
あるいは、対自分なら「そのままの自分を受け入れ認めることの大切さ」。

そんなようなことを、ずっと17歳から歌い続けてきた。


いろんなデマが錯誤したり、批判や誹謗中傷も出たりしてるけど
街はなんだか、今までより優しさを覚えて、殺伐さが薄れた。
みんなが、被災地を思い
形はそれぞれ違えど、平和を願い、亡くなった方々を悼み、がんばってる人を応援し、何とか復興するために応援している。



うん。。

被害自体は、こんなこと起こらなければよかった
けど、日本人は、今忘れてた大事なことを思い出させられた。
強烈に、切実に。



形が間違ってることもあるかもしれない
そこは少しずつまなんでいこう。


でも、みんなが、いつもより

「生きている」ってことの奇跡とか
愛する人や家族がただいてくれる、ということの喜びとか
大切な人を守りたい、っていう気持ち。


いつ死んじゃうかわかんないんだ、ってリアルな現実を目の当たりにして

大切なこと
思い出してるんじゃないかと思うんだ。



そんな中だったら、自分が歌ってきたような歌は今はいらないのかもしれない、
と思う。

それならそれでいいのかもしれない。



ただ、私はやっぱり創る人で、歌う人で、そういう生き物だから
何かしらどうしようも伝えたい、と思う事をこれからも歌い続けるだろう。
エンターテインメントとして楽しんでもらうのも全然幸せだと思っている。


ただ、心からの願いは
みんなが、大切な人を大切にすること。

かけがえない命を大切にしてほしい、ということ。

今しかない今を大切にしてほしい、ということ。



それだけだ。


みんな、災害のこともね、今の優しい気持ちを、ずっと覚えていてほしい。
それで、実践してほしい。

愛は実践しかない。


抱きしめるということ。
守るということ。
力を合わせるということ。

「ただいま」
「おかえり」

といいあえること。



どんな規模でもいい。それは尊い。


みんなが、表現者の友人も含め、、周りでも
社会での自分の立ち位置というのを考え直さざるをえない状況に立っているような気がします。

残された私たちは、悲観的になっている場合ではないけれど
いっこいっこ、感じたこと受け止めて、ストレスはストレスとして、発散したりきちんと消化して、

いっこずつ、また築きなおして行こう。

拍手[15回]

PR
今日も余震があったり、地下鉄が止まったり
不安定な状況が続いていますね。

コンビニ空っぽだったり
不安が続いてストレスになる人もたくさんいるかと思います。


かくいう私も、ちょっとお疲れ気味です(>_<)
周りを見ててもお疲れ気味だなぁ、と感じる。


不安をあおるようなこともたくさんあるけど
日本人って素敵だな、と思えるような出来事もたくさん起こっているようですね。



普段忘れて、心の奥にしまってる優しさ、笑顔、ぬくもり


緊急事態にこそ、人の本性が現れるものだけど
普段、「自主性がない」「愛国心がない」と世界からも言われてきた日本が
この異常事態に発揮してるのは、それぞれ形は違えど、人を思いやる強い気持ち。


よかれと思って失敗しちゃった人もいるし
何もできなくて無力感に苛まれてる人もいる
それを責めてる人ですら、


根本は「被災地はみんながんばってんだぞ!助けなきゃ!」
っていう気持ち


だと思うの。


正しい情報や手段を、慎重に選ばねばなりません。
そこも、今後長期的な助け合いが必要になってきますが

今の、人を思いやる気持ち、助け合う気持ち

宝です。


みんな、忘れないでいようね。
この震災のことと一緒に、誰かを思いやり、助け合う気持ち
忘れないで、大切にしていきましょう。


まだ何がどうなるか見えないけれど、、
休める時に休んで下さいね。




よく眠れない方。不安な方へ。
http://shihorimessage.blog.shinobi.jp/Entry/322/

『Music, give me a Silence』フリーダウンロードできます。
眠りのお供にどうぞ。

http://shihorimessage.blog.shinobi.jp/Entry/321/

拍手[5回]

1000年に一度とも言える事態の中
まだ余震が続き、情報が錯誤し
それぞれ不安な生活を送られているかと思います。


日本全体がぴりぴりしています。

感受性の強い人は、繰り返し流れる悲惨な映像をみているだけでPTSDになってしまうことも増えているようです。
苦しんでる人がたくさんいるのに・・・
と、無力感に苛まれたり、
緊張状態が続くにつれストレスもたまってしまいます。



表現活動をしている人たちもそれぞれ何かしなきゃ!
という思いに駆られて必死に行動しようといううごきが色々とでています。


が、私自身、痛感しているんですが
よっぽどの著名人でないかぎり
チャリティ運動などを今無理に行うことは得策ではないと思います。


自分の安全も保証されていない状態で
感情に任せて動くと、よかれと思ったやったことでも
かえって迷惑になってしまうことになりかねません。


だから、まずは、自分の安全と心の平和から。
冷静に。
身近な人のことを思いやり、助け合いましょ。


チャリティなどは極力著名人の方にお任せしましょう。
募金なら、個人で赤十字社など、確実に迅速に被災地にとどく、信頼できる団体へ。


安全な地域にいるなら、できるだけ普段の生活を取り戻しましょう。
一番不安なのは被災者とその関係者の方々。


私たちが無駄に不安を煽るより、優しいきもちで過ごせるように心掛けましょう。



復興にはとても時間がかかりそうですから
日本みんなが今から疲れてしまってはいけません。

よく眠りましょう。 栄養を摂りましょう。
不謹慎だなんて必要以上に自分を責めるくらいなら、より笑顔でいましょう。
優しい言葉を心掛けましょう。
そうして、回せるところで経済を回して行きましょう。


明るいエネルギーを、身近なところから紡いでいきましょう。


それがめぐりめぐって、被災地への応援になるんじゃないかな。



引き続きひとつ前の日記で、「music,give me a silence」という曲をフリーダウンロードしていただけます。
何のお金にもならないし
正直今の私レベルではこれくらいしかできない。


でも、ここに来てくださった方の心に、少しでも平和があるように。


ね、ひとりひとりの、平和から。
支えあっていきましょうね。







拍手[12回]

http://shihorimessage.blog.shinobi.jp/Entry/2/
2008年11月21日の私の日記です。

びっくりしました。


記憶が定かではないのですが、この年の3月から「しほり」としての活動を休止していたのですね。
(かわりにランティスさんでしほりを引きずらず、一から自分の力を試したくて、瀬名としての活動をがんばっていました)
今思えばですが
1997年に歌手を目指してから10年、全然認められず、活動もうまくいかないし、協力者も現れないしで、すっかり自信をなくし、疲れ果ててしまっていたのだと思います。


特に、「歌詞」や「文章」に関して激しく自信喪失しているようです。。

「お前はダメだ、お前はダメだ」
あるいは
「しほりは曲はいいけど難解すぎる。」
「歌詞がひどい」
と言われ続けた時代が数年あったことで、コンプレックスになっていました。



まさか、この直後に、さきほど書いた「マクロスF」で「作詞家」として採用が決まろうとは・・・
因果なものです。

そしてそれに続く形で続々と、水樹奈々さんへの作詞、作曲などが決まっていったのでした。


まさに、こんなダメな時代があって・・・の、今 なんだ・・・。(;_;)



作家も、大好き!だからもちろんずっと続けて行くけれど、
アーティストしほりとしても、今年は復活していこうと思っています。


こんな私ですが、あらためて
どうぞこれからもあたたかく応援してやってくださいませ。

拍手[9回]

と言われていい気持ちになる人は・・・あまりいない。と思う。



最近の日本はこの文字だらけになっていますね。

アニメ・ゲーム業界を騒然とさせた都条例から、教育現場から、
何か起きればまず「禁止」。うむ。。

TV番組や映画の内容などはどんどん当たり障りなくなってきましたが(バラエティや、アニメなど)、裏腹にとんでもない事件や、小学生の自殺など、10年、20年前なら考えられなかった事件が近年急増しています。




今日打ち合わせに向かう途中、駅構内で見かけたよくある広告

「チカンは犯罪です!」



いつも思うのですが

・・・・んなもの犯人だってわかってるでしょ・・・。


いけないってわかっててやるのが楽しいっていうおかしな人が犯人なわけです。
当たり前だけど、犯罪じゃないって思ってやってる人はいないよね。


だから、この広告は全く意味がないんじゃないかな、と思うわけです。



子供の頃誰しもが少しは経験したことあるんじゃないかしら?

禁止!禁止!禁止!

って言われるほど、やってみたくなっちゃう・・・。



潜在意識は認識したものが「善か悪か」見分けがつかないといいます。
それが「刷り込み」という効果にもつながるのでしょうけど
人間として持っている「好奇心」のパワーもあいまって、よからぬ結果を招くことにもなるんじゃないかしら。



禁止される。



我慢する。



我慢する人ほど我慢がためこまれる。



ここでうまく発散できれば問題ないけれど
発散できない人は、いろんな形に歪んであふれてきてしまいます。

共依存であったり、ギャンブル依存、異性関係のトラブル、鬱病。


その、行き過ぎた形が「犯罪」になってきたりするんじゃないかな。


また、過剰な「禁止」によって無菌状態で守られてきた子供たちは、痛い目を見ることを知らないので、過酷な状況や自分が否定されることに慣れておらず、心の免疫がついていきません。

守られる事によって異様に伸びている才能もあれば、逆にちょっとしたことでしぼんでしまったり、不幸な方向へ向かってしまうケースも増えているように見えます。
こういうところでも二極化が進んでいますね。



心が健やかな時は、日々生活のうまくいかないことを、やり過ごしたり対処したりできますが、環境がそれを許さない時・・・たとえば、あまりに心が病んでいる時、禁止禁止だらけの環境で自分の判断が弱くなってしまった時。否定ばかりされ、誰にも受け入れてもらえない時。
誰かに裏切られ続け、ひどく傷つき誰もかれも信用できなくなってしまった時。
(生きていればそんなことも時にはあるよね。。)

本当に心が弱った時、追いつめられた時、人は正常なら考えられないような心理状態に陥ってしまうこともあるわけです。



そういう人が、凶悪犯罪のニュースを目にした時、あるいは暴力的なゲームに没頭した時・・・っていうことです。
TV番組であるか、映画であるか、ゲームやマンガであるかはわからないけど、それらはきっかけにすぎなくて、本当は問題が別のところにある。




だとしたら、「禁止の嵐」は解決よりも助長になってしまうんじゃないかと思ってしまう。



逆に、最近よく見るこのタイプの広告。


「また○●(親切な行為)しよう」



とか、


「いつもトイレを綺麗にお使いいただきありがとうございます」



この類いのプラスな言葉を使った広告は、見ていても気持ちがいいし


「おっそうか、きれいに・・・はい、あ、します。。えへ。」



みたいな気分になってきます(笑)
この言葉が書き込まれているトイレで「汚い」と感じるトイレはなかったように思います。



自転車置き場にある

「おかげさまで盗難犯人逮捕しました!」


という看板を見かけた時には思わず
「やるな〜〜!ニヤリ」
としてしまいました。




同じことを言いたいのに、表現の仕方が全く逆なだけで
入ってくる気持ちが変わる。


光の当て方で全く違って見える。



最初に書いたように、人間の心理には「刷り込み」という作用が働くので
せっかくなら気持ちのいい言葉を遣うようにするだけで、この社会は明るくなっていくのでは?

みんなの心も、ただ「禁止!」って上から叱られるよりは明るくなれるのでは?



と思うわけです。

拍手[30回]

    HOME    次のページ

Powered by Ninja Blog    photo by P*SWEET    icon by Egg*Station    template by Temp* factory

忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
しほり
性別:
女性
職業:
シンガーソングライター、作詞・作曲家
自己紹介:
★初の手描きアニメーションPV★
『Cruel Game』しほりとあすか


★しほりPV★






***News!!***

《Live》

■しほりとあすかLive The Quartet
5/20(Fri.)@渋谷JZ BRAT


《Song-writing》

【2011】

■2/23 発売 結城アイラ「猛獣使いと王子様〜snow Bride〜」Songs Cllection 
『Epilogue of Symphony』作詞
『Snow Veil Polka』作詞
『Tales of Flame』作詞・作曲・コーラスアレンジ

【2010】

■12/8 発売 米倉千尋 『Miracle Voyager』作詞(15thベストアルバム『Voyager』収録)

■7/7 発売 水樹奈々 8th.アルバム収録『ミュステリオン』作詞・作曲・コーラス(TBS系「爆!爆!爆笑問題 ED主題歌)

■4/21 発売 奥井雅美『恋華大乱』作曲(TVアニメ『真・恋姫†無双』OP主題歌)

■1/20 発売 ELISA 2nd.Album収録
『Absolute Perfection』作曲

【2009】

■11/25 発売 シェリル・ノームstarring May'n『ユニバーサル・バニー』作詞 ※劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~劇中歌

■10/28 発売 水樹奈々 20th.Single(All A-side)
『Dear Dream』作詞・作曲・コーラス

■9/27 早見沙織『ナミダイロ』 作曲
(TVアニメ『バスカッシュ!』アルバム『アイドルアタック』)

■6/3 水樹奈々『沈黙の果実』作詞・作曲(7th.album『ULTIMATE DIAMOND』収録)


**Profile**

奔放と情熱の、愛の唄うたい。


リアルな愛のメッセージが共感を呼んでいる、シンガーソングライター。作詞・作曲家。

生まれつき左耳の難聴を持ちながら、同時に天性の音感を発揮し、幼少時から歌や創作に没頭する。

思春期には心理学や哲学にのめり込み、人間関係・・・ことに家族・教育関係など、人のこころと愛のあり方について強い関心を抱き追求した。
17歳の時、「愛のメッセージを世の中に伝えるため」、歌手を志す。

小学生の頃から敬愛するベートーベンの影響のよるメロディアスで情熱的な旋律、ほかミッション系の中学・高校で日々歌った賛美歌、ゴスペルなどにも影響を受けた楽曲に、「祈り」と「母性」あふれる唄を乗せて、愛のメッセージを表現している。




************

■主なお仕事履歴■


CMソング

・ゼクシィCMソング『パパパパーンの歌』(2002,2003年)
・ラウンドワン「ラウンドワンで誕生会編」
・ラウンドワン「ラウンドワンでデート編」
・花王『ヘルシアスパークリング』
・キシリクリスタル
・三重第三銀行CMソング『傍にいるんだから』
 (2001〜2008年)
・エバラ『おろしのたれ』
・エイデン 2009年3月より
・エリエール『ナチュラ』(サウンドロゴ)
・バンダイ『あみりん』、『キュアモ』
 『こなぷんハンバーガーキッチン』、
 『こなぷんクッキングスタジオ』
・ドミノピザ(2008年夏ポケモンキャンペーン)
・遊パチ(サウンドロゴ)
・O-net ・オートベル ・ホームロイヤーズ
・農林水産省『めざましごはん』
・宮城環境保全米
・Jelly Girl ・CCレモン『ホッチキス編』
・docomo関西 etc...


その他
・ビートマニア2 DX 8th style『HALF WAY OF PROMISE』
・リライズガーデン西新井企業用PVテーマソング
・TBSドラマ『STAND UP!』劇中曲コーラス
・パチンコ、スロット主題歌
・メディシネマ『Cradle-眠れぬ夜の子守唄-』
 (主題歌の作詞・作曲・歌/女優として出演)

etc...
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析